校長メッセージ


isami.jpg

 徳山工業高等専門学校は、1960年代からの我が国の高度経成  長と工業化に伴う社会の強い要望により、ここ周南市(当時、徳山市)に高等教育機関として1974年に設立されました。今年で創立48年周年を迎えます。中学校を卒業して入学する本科(5年制)は、機械電気工学科、情報電子工学科と土木建築工学科の6専門分野の3つ複合学科から構成され、全国に数少ない複合・学際分野の知識や技術を修得できます。さらに1995年には本科の上に、さらに高度な専門知識や技術を修得できる専攻科(2年制)として、機械制御工学専攻、情報電子工学専攻と環境建設工学専攻の3つの複合専攻科を設置しました。
 本校の教育目標は『世界に通用する実践力のある開発型技術者』であり、複合学科・複合専攻科における専門分野の基礎から応用までの知識や技術に基づき、講義、演習、実験・実習や課題発見・解決型授業などにより、次の7つの能力を身につけることができます:①基本的能力(工学の基礎知識・スキル)、②専門的能力(複合分野の専門知識・スキル)、③汎用的技能(課題発見・解決、コミュニケーションスキルなど)、④人間力(自己管理力、責任感、チームワークなど)、⑤創造的思考力(知識・スキルを活用・統合し創成する能力)、⑥異文化対応力および⑦倫理的判断力。本校は、創立以来、約5千7百名以上の本科卒業生・専攻科修了生を地域や国内外へ送り出し、産業や専門技術の発展に大きく貢献しています。また、本科卒業後は専攻科進学や大学編入学、専攻科修了後は大学院進学など、より高いレベルの専門の教育研究への進路も開けています。
 ここ2年余りの新型コロナウイルス感染症の全世界的な感染の広がりにより,私たちの社会生活、学校生活は一変しました。今後の予測不可能なSociety5.0時代を生き抜くためには、普遍的な知識、スキルと汎用的技能を幅広く横断して身に付けること、また時代の変化に合わせて社会を積極的に支え、論理的思考力を持って新しい価値や社会を改善していく資質を育むことが求められています。高専モデルコアカリキュラム(MCC:高専における本科卒業時・専攻科修了時までの学習内容の到達目標の最低限のレベルを具体的に明示)による「高専教育の質保証」のもと、学生が「何を学び、何を身に付けることができたのか」という学修成果を一人ひとりに対し可視化した上で、学びの多様性と柔軟性を確保し、それが生涯の学びにつながる必要があります。こうした学びは、主体的で個別最適な学びと協働的な学びにより実現されます。分野を越えたSTEAM教育(Science科学、Technology技術、Engineering工学、Artsリベラルアーツ・教養およびMathematics数学などの文理融合により課題解決し創造する学び)やデータ活用のための数理・AI・データサイエンス教育の学びの重要性がより高まっています。本校はこのような学びを推進しています。
 コロナ禍により高専教育のDX(デジタル・トランスフォーメーション:デジタル利活用による各種の変革)は加速しています。授業形態(対面授業、遠隔授業やそれらを組み合わせた授業など)の効果的な工夫、高専統一ネットワークの整備、授業コンテンツの高専間共同利用や単位化、学校でのBYOD(個人所有の端末を授業などで活用)推進、実空間・仮想空間技術の教育研究への導入、教員の授業スキルアップ、情報セキュリティ対策、各種教育データの活用や学校事務の効率化などをさらに進めています。
 今後もコロナ感染対策を徹底しながら、決して「学びを止めることなく」教育研究活動を行っていきます。皆様の日頃からの本校へのご支援、ご協力に心から感謝し、今後ともよろしくお願いいたします。

徳山工業高等専門学校長
勇 秀憲

 
Copyright(c) National Institute of Technology, Tokuyama College. All rights reserved.