土木建築工学科/環境建設工学専攻

学科・専攻科紹介

土木建築工学科/環境建設工学専攻

情報技術を活用し社会基盤や建築空間を設計・開発する技術

教育方針

 本四架橋や超高層ビルなどの建設においては高度の建設技術が用いられています。土木建築工学科の教育目標は、「情報技術を活用し社会基盤や建築空間を設計・施行する技術者の育成」です。また、複合学科として土木技術や建築技術の基礎理論を理解するとともに、実験や実習によって実務にすぐに役立つ技術が修得できる授業編成になっています。
 教育内容の特色としては、最近の建設技術の進歩に応ずるようにコンピュータ演習の運用には低学年から十分時間をかけて、コンピュータに慣れると同時に実際の現場に活用できるように考慮されています。
 また、学外での泊まり込みの集中測量実習を行うなど実験実習や設計製図には多くの時間を充て、実践的技術者の育成に努力を払っています。必修として設けてある科目の中でも力学関係の時間をできるだけ増し、演習の時間を多く取って基礎学力の育成に努めています。
 卒業後は建設会社や設計事務所はもちろん、国土交通省・県庁・市役所や独立行政法人など広い分野で活躍できます。また、卒業すれば測量士・測量士補となる資格、在学中の選択科目の状況により建築士受験資格(一級、二級)、火薬類取扱保全責任者の試験科目の免除(一般火薬学)などの特典があります。

教育課程の特色

 4年及び5年生には選択科目を設けて、学生の能力と志向によって自主的な勉学と創造力の育成に役立つ配慮がなされています。

専攻科では

 環境建設工学専攻の教育目標は、「情報技術を活用し社会基盤や建築空間を設計・開発する技術者の育成」です。本校の土木建築工学科あるいは土木工学系に共通する自然科学、実験、演習、特別研究さらにインターンシップや英語に重点をおき、さらに専門性を高めるため「都市・交通」、「防災」、「環境」、「建築」に関する選択科目を開設しています。

 

 

Copyright(c) 2011 National Institute of Technology, Tokuyama College. All rights reserved.