いじめ防止対策委員会

本校のいじめ防止対策について

本校では、「いじめ防止基本方針」を別紙のとおり定め、対策を講じる。 
徳山工業高等専門学校いじめ防止基本方針(PDFファイル)

 

困ったことがあった場合や、誰かが被害を受けているなどの情報は、学生相談室へgakbnr.jpg


いじめ防止基本方針

【基本方針】
1.いじめの定義
 「いじめ」とは,学生に対して,当該学生が在籍する学校に在籍している等当該学生と一定の人的関 係にある他の学生が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって,当該行為の対象となった学生が心身の苦痛を感じているものをいう。
<いじめの例>
・冷やかしやからかい,悪口や脅し文句,嫌なことを言われる。
・仲間はずれ,集団による無視をされる。
・わざとぶつかられたり,叩かれたり,蹴られたりする。
・金品をたかる・隠す・盗む・壊す・捨てるなどされる。
・嫌なことや恥ずかしいこと,危険なことをされたり,させられたりする。
・パソコンや携帯電話等で誹謗中傷や嫌なことをされる。
・上記の行為を促す・周りではやし立てる。 など

2.基本理念
 以下のとおりとする。
 1)いじめの防止等のための対策は,いじめが学校のすべての学生に関係する問題であることに鑑み,学生が安心して学習その他の活動に取り組むことができるよう,学校の内外を問わずいじめが行われないようにすることを旨として行う。
 2)いじめの防止等のための対策は,すべての学生がいじめを行わず,及び他の学生に対して行われるいじめを認識しながらこれを放置することが無いようにするため,いじめが学生の心身に及ぼす影響その他のいじめの問題に関する学生の理解を深めることを旨として行う。
 3)いじめの防止等のための対策は,いじめを受けた学生の生命及び心身を保護することが特に重要であることを認識しつつ,機構,学校,地域住民,家庭その他の関係者の連携の下に行う。

3.いじめの禁止
 学生は,いじめを行ってはならない。

4.情報の共有
 学校の教職員及び学生の保護者は,学生からいじめに係る相談を受けた場合において,いじめの事実があると思われるときは,学校への通報その他の適切な措置をとるものとする。

5.学校及び学校の教職員の責務
 学校及び学校の教職員の責務は,法及び基本理念にのっとり,学校に在籍する学生の保護者,地域住民,児童相談所その他の関係者との連携を図りつつ,学校全体でいじめの防止及び早期発見に取り組むとともに,学校に在籍する学生がいじめを受けていると思われるときは,適切かつ迅速にこれに対処する責務を有する。

【いじめの防止等の対策】
 いじめの防止等に関する措置を実効的におこなうための組織として,いじめ防止対策委員会を置く。委員長は校長とし,委員は校長が指名するものとする。いじめ防止対策委員会は,学生相談室,学生主事室,関係者との連携により以下のことを執り行う。

1.いじめの防止
 1)いじめとなる禁止行為について,教室掲示,文書送付,ホームページにより周知する。
 2)いじめ行為は懲罰の対象となることを周知する。
 3)いじめの防止に向けて,学習環境を良くするための啓発活動や講習会を開催する。
 4)ネチケットについて,授業やオリエンテーションを通して啓発を行う。
 5)学生主事室は,小中高連携協議会に参加し,地域との情報共有を行う。
 6)教職員は,いじめに係る情報を得た時は,それを学校に報告する。

2.早期発見
 1)いじめに関する相談・通報の窓口を学生相談室とし,学生,保護者,教職員等から訴えを受ける。
 2)学生相談室は,被害学生の相談に応じる。また,必要に応じて関係者との話し合いを行う。
 3)いじめの事実があると思われるときは,学生相談室長はいじめ防止対策委員長にその旨を報告する。
 4)学生相談室は,適宜アンケート調査によって,いじめの把握に努める。
 5)学生主事室は,インターネットの利用実態調査によって,インターネットを介するいじめの把握に努める。

3.いじめに対する措置
 1)学生相談室を中心に,いじめを受けた学生の心のケアを行う。
 2)学生主事室は,いじめに係る事実確認や調査を行う。
 3)厚生補導委員会は,いじめを行った学生の懲戒について協議する。
 4)校長は,厚生補導委員会の協議の結果に基づき,処分を行う。
 5)学校は,インターネットを介するいじめに対して,外部機関に削除依頼を行うなどの対処を行う。
 6)学校は,いじめが犯罪行為として取り扱われるべきものであると認めるときは,警察署と連携してこれに対処するものとし,学校に在籍する学生の生命,身体又は財産に重大な被害が生じる恐れがあるときは直ちに警察署に通報し,適切に,援助を求める。

4.いじめの再発防止
 1)いじめの再発やそれが考えられるときは,各部署は学生相談室と連携を密にする。
 2)学生相談室は,いじめを行った学生と面談し,必要に応じて支援を行う。
 3)学生相談室は,いじめの起きたクラスの学生の情緒的安定に努める。
 4)学生相談室は,いじめを受けた学生が安心感を得られるよう,必要に応じて対応状況を知らせるなど,継続した心のケアを行う。
 

参考資料
 ・いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)
 ・いじめの防止等のための基本的な方針(平成25年10月11日文部科学大臣決定)
 ・文部科学省いじめ対策のページ
 ・独立行政法人国立高等専門学校機構いじめ防止等対策ポリシー(平成26年3月27日制定)
 (PDFファイル)

Copyright(c) 2011 National Institute of Technology, Tokuyama College. All rights reserved.