情報電子工学科/情報電子工学専攻

学科・専攻科紹介

情報電子工学科/情報電子工学専攻

コンピュータを核とする多様なシステムを設計・開発する技術

教育方針

コンピュータ技術をベースに電子情報通信システムを設計・構築する技術者の育成
 情報電子工学科の教育理念は「基礎力、実践力を備えた信頼されるエンジニアの育成」です。これは技術的な面だけでなく、能力的、人物的な面においても十分な基礎力を備え、将来さまざまな分野でさらに発展できる能力をもった信頼される技術者を育成しようというものです。とりわけ技術的な面での基礎となるカリキュラムは「電子・通信のわかるコンピュータシステム技術者を目指した」構成になっています。 
その主な内容は、
(1) コンピュータのハードウェア技術をソフトウェア技術
(2)情報処理システムを支える応用ソフトウェア技術とユーザインタフェース技術
(3)通信情報システムを支える通信技術とネットワーク技術
(4)コンピュータ応用機器システムを支える電子技術と計測制御技術
などです。このような技術を基礎から系統的に身につけることにより、「コンピュータ技術をベースに電子情報通信システムを設計・構築する技術者を育成」します。またこれらの技術をより実践的なものに高めるために、多くの実験実習時間を設けています。更に自分で問題をとらえ、自ら解決していく創造性豊かな技術者の育成をめざして、創造演習や卒業研究の指導にも力を注いでいます。

教育課程の特色

 情報工学と電子工学とをバランスよく学習する複合学科です。すなわち、コンピュータやこれに関連する技術によって構成される電子装置に必要なソフトウェア・ハードウェア両面の技術を並行して学習でき、先端技術も修得できるように教育課程を構成しています。

専攻科では

 情報電子工学科専攻の教育目標は、「コンピュータを核とする多様なシステムを設計・開発する技術者の育成」です。本校の情報電子工学科あるいは他校の情報工学系及び電子工学系に共通する自然科学、実験、演習、特別研究さらにインターンシップや英語に重点をおき、高度化する情報化社会に対応するため、コンピュータを核とする「情報処理システム」、「情報通信システム」、「コンピュータ応用機器システム」などの融合システムに関連する選択科目を開設しています。

 

 

Copyright(c) 2011 National Institute of Technology, Tokuyama College. All rights reserved.