機械電気工学科/機械制御工学専攻

学科・専攻科紹介

機械電気工学科/機械制御工学専攻

コンピュータで制御する機械を設計・開発する技術

教育方針

めざせ創造性豊かなメカトロニクス・エンジニア 
 あらゆる産業分野やさまざまな人間生活の場面では、機械は人間を助けて幅広く活躍しています。これらの急速に発展を遂げつつある機械の特徴は、電気で駆動され、コンピュータで制御されるということで、機械と電気・電子技術が複合したメカトロニクス技術が大変重要な技術となっています。徳山高専機械電気工学科は、学科の教育目標として、「コンピュータで制御する機械を設計・製作する技術者の育成」を掲げ、最も早い段階から取り組んできた先進的な学科です。ところで現在の日本は、世界の産業分野でのリーダーであることが求められると同時に、産業構造の転換やさらに地球環境と共存できる技術システムの構築という大きな課題を抱えております。これらを克服していくためには、自ら新しい技術を生み出していくしかありません。すなわち創造性豊かな技術者が今ほど求められたことはなかったと思われます。
 機械電気工学科ではこれらの課題に応えるべく、創造性豊かなメカトロニクス・エンジニアを育成するための教育プログラムをいち早く作成し、低学年から自発性、創造性を育成できるように、実践を重視しながら教育を行っています。

 

教育課程の特色

 メカトロニクス技術を習得するために、機械系科目を中心として電気・電子、コンピュータ・制御に関する科目が設けられています。また、創造力を有するエンジニアとなるためには、自ら意欲的に課題に取り組むと同時に、未知の課題へのアプローチの仕方を学ぶことが重要です。このような力を養う目的で創造演習が設けられています。また、創造製作では自由な発想に基づくものづくりを行い、創造性を養うと同時に、ものづくりに必要な計画力や総合的遂行能力を身につけられるようにしています。
 さらに、網羅的な科目の開設をやめて、主要な科目に精選してメカトロニクス技術者に不可欠な内容をしっかり身につけられるような工夫がされています。

専攻科では

 機械制御工学専攻の教育目標は、「コンピュータで制御する機械を設計・開発する技術者の育成」です。本校の機械電気工学科あるいは他校の機械工学系及び計測制御工学系に共通する自然科学、実験、演習、特別研究さらにインターンシップや英語に重点をおき、さらに専門性を高めるため「材料」、「エネルギー」、「情報」、「設計・加工」に関連する選択科目を開設しています。 

Copyright(c) 2011 National Institute of Technology, Tokuyama College. All rights reserved.