新着情報

特別在寮の実施に関して

特別在寮の実施に関して

学生・保護者の皆様へ

徳山工業高等専門学校
校長補佐・寮務主事 海田辰将

 今回のコロナ禍では,学寮に求められる4つの“安”(安心・安全・安定・安らぎ)について,その根底部分から改めて考え直す必要がありました。そして学寮では,年度当初の開寮予定であった4月初旬の段階から新型コロナウィルスを「災害」と位置付けており,教務主事室・学生主事室を始めとする学内の各部署および行政機関と連携・相談しながらこの問題に取り組んで参りました。特に,学寮では普段の学校生活とは別に,集団生活ならではの特性を踏まえた最大限の感染症対策を実施しつつ,寮生の就学に不可欠な生活基盤としての役割と教育寮としての使命を全うする責務があります。
 今後,学寮では学校活動(授業,課外活動,研究活動など)の段階的な再開および学校としての新しい日常スタイルに合わせ,寮生がこれら全ての活動に安心して取り組み,安らぐことができ,安定した生活を送ることができる学寮の環境づくりを進めて参ります。また,高城寮は昨年度に大規模改修を実施しており,新しく追加された設備や機能を最大限に活かした学寮運営に取り組むとともに,今後さらなる設備の充実を図ります。

【開寮予定について】
 現時点では,8月23日(日)に開寮を予定しています。ただし,今後の第2波,第3波の状況によっては「徳山工業高等専門学校におけるNew Normal Standard(新しい行動基準)」に沿った対応に変更されることがあります。開寮日の決定については,約1カ月前には全寮生にお知らせします。開寮には,学寮での食事の提供を再開することが不可欠ですが,開寮日の決定から食事の提供再開までに約1カ月の準備期間が必要であり,かつ最低給食数を確保するために日常的に在寮生数が50人を超える必要あることをご承知おきください。

【特別在寮について】
 開寮日までの間,下記2つの「特別在寮」を実施します。
 ① 遠隔授業による就学が困難な学生を対象とした特別在寮(5/17~継続中)
   遠隔授業による就学が真に困難な学生に対して、学寮を活用した就学のための特別在寮を許可し、最低限の就学環境(Wi-
  Fi環境および個室環境)を提供する。
   ■ 対象
    特別在寮を希望する本校の全学生(通学生・寮生を問わない)
   ■ 申請受付
     随時受け付けます。
   ■ 在寮期間
    遠隔授業開始以降の寮務主事が許可した日から就学上の困難が解決できるまで
   ■ 情報
    本校HPの“新着情報”に掲載の文書(4月28日付:特別在寮の実施について)をご参照ください。
   ■ 状況
    現時点での申請件数は0件となっていますが,コロナ禍の影響によりご家庭での状況が変わる可能性も踏まえ,当面の
   間,継続します。
 ② 学校活動の段階的再開のための特別在寮(6/27~実施)
   学校活動(分散登校による遠隔授業・課外活動・研究活動)の段階的な再開にともない,寮生が遠隔授業を受講しつつ,
  放課後や休日も含めてこれらの活動に参加するための環境(Wi-Fi環境および個室環境)を提供する。
   ■ 対象
     特別在寮を希望する本校の全寮生
   ■ 在寮期間
     6月27日(土)~開寮まで
   ■ 申請受付
     随時受け付けます。
   ※ 6/23時点における特別在寮の申請は以下の通りです。
      6/27~在寮開始予定:11名(男子11名,女子0名)
      6/28~在寮開始予定: 8名(男子6名,女子2名)
      7/4~在寮開始予定:1名(男子0名,女子1名)
      7/5~在寮開始予定:4名(男子4名,女子0名)
               【合計】 男子21名 女子3名
   以降も随時申請を受け付けます。

   ■ 情報
    本校HPの“重要なお知らせ”に掲載の文書(6月19日付:特別在寮の実施について)をご参照ください。また,全寮生に
   Office365メールおよびTeamsチャネルへの投稿により,関連書類(電子ファイル)とともに通知しています。
 

Copyright(c) 2011 National Institute of Technology, Tokuyama College. All rights reserved.