イベント情報

全国高専デザコン2018 構造デザイン部門で審査員特別賞!

 

20181115t.jpg

11月10日~11日に釧路市観光国際交流センターで開催された「デザコン2018 in 北海道」の構造デザイン部門において、CA4貞本侑香里さん、CA4河村篤志君、CA3西川侑華さん、CA2丸岡紗也さん、CA2稲田透直君、CA1内冨駿仁君の作品「国士夢想(こくしむそう)」が36高専58作品の中で第4位となり、審査員特別賞を受賞しました。
今回の競技では、銅線をはんだ付けして張り出し部を有するメタルブリッジを製作し、左右非対称に加わる45kgの荷重と5kgの砲丸を2回通過させます。「国士夢想」は、上路式の変断面トラスボックス構造の採用による力強い外観と1.2mm以下の細い銅線を組み上げる細やかさ、軽量性を併せ持つ作品です。腹筋ローラーによる筋トレと同じ原理で大きな荷重に耐えることができます。なかなか思い通りの強度を発揮できず、苦労に苦労を重ねた作品ですが、デザコン会場では大勢の注目を集め、設計通りの強さを発揮できました。
本校は、構造デザイン部門において5年連続の受賞となりますが、2019年の東京大会に向けて「おもしろい」作品を製作すべく、また長い道のりが始まります。

平成30年11月15日
 
 

 

Copyright(c) 2011 National Institute of Technology, Tokuyama College. All rights reserved.