イベント情報

「徳山高専テクノ・アカデミア総会」を開催

180614t.jpg6月11日、遠石会館において「平成30年度徳山高専テクノ・アカデミア総会」を開催し、会員企業をはじめ、地元企業、教職員など約135名が参加しました。
総会では、今年度の事業計画として、会員企業と徳山高専の連携強化を推進するためのセミナー・人材養成活動、産学連携教育支援活動などを決定しました。引き続き行われた事例紹介では、徳山高専機械電気工学科 藤本准教授が「【温故知新】アルキメデスポンプの開発と製品化に向けて」と題して、地元企業との共同研究についての紹介を行いました。また、基調講演では、神戸大学大学院の坂井教授が「テクノ・アカデミア企業と徳山高専の産学連携プロジェクトの進め方-平成29年度の徳山高専での活動を通してー」と題し、これまでの産学連携活動の成果とこれからの徳山高専の取組みについて、ご講演されました。その中で、高専の産学連携は、「学」と「産」の間を繋ぐ高専研究成果のビジネスプロデュースが必要であると述べられました。
その後に行われた情報交換会においても、参加いただいた方々の交流が図られ、大変有意義な時間となりました。

平成30年6月14日

Copyright(c) 2011 National Institute of Technology, Tokuyama College. All rights reserved.