学科紹介

機械電気工学科

コンピュータで制御する機械を設計開発できるエンジニアの育成

メカトロニクス技術に対応するため、機械・電気・制御・情報に関する知識を習得できるカリキュラムが編成されています。低学年から3次元CADによる製図、自律型ロボットの製作、さらに各種資格に対応する実践的授業がおこなわれています。

機械電気工学科HPはこちら   

 

 

主な授業・科目

設計製図/コンピュータ基礎/プログラミング/電気回路/制御工学/工業力学/計測工学/機械力学/アクチュエータ など

 

取得できる資格

「機械設計技術者(3級)」や「CAD検定」、「ボイラー技士(2級)」に加え、「ディジタル技術検定(2級)」、「基本情報技術者」「電気工事士」「危険物取扱者」などの資格が取得できます。

 

情報電子工学科

コンピュータ技術をベースに電子情報通信システムを
設計・開発する技術者の育成

情報電子工学科では、コンピュータソフトウェアと種々の電子装置(ハードウェア)の設計能力を養成することを目標にしています。さらに、ソフトウェアとハードウェアを融合したシステム、それらをネットワークで結合した総合システムまで修得できるのが情報と電子を複合した本学科の特徴です。

情報電子工学科HPはこちら

 

主な授業・科目

コンピュータ工学/プログラミング/ディジタル回路/情報通信工学/データベース/オペレーティングシステム など

 

取得できる資格

情報処理技術者試験の「基本情報技術者」「応用情報技術者」など、電気通信工事担当者試験の「DD第1~3種」「AI第1~3種」などの資格が取得できます。

 

土木建築工学科

建設現場の様々な問題に対応できる技術者の育成

私たちの生活に密接に関わる住宅、学校などのさまざまな建物、超高層ビル、商店街や、道路、鉄道、トンネル、ダム、橋、上下水道などは高度な建設技術を用いて計画・建設・保全されています。土木建築工学科ではこのような仕事に取り組むためのさまざまな技術を習得できます。

土木建築工学科HPはこちら

 

主な授業・科目

工学デザイン/測量実習/西洋建築史/CAD基礎/水理学/構造力学/地盤工学/道路工学/建設材料/都市計画 など

 

取得できる資格

本科卒業後に「測量士補」資格と「二級建築士」受験資格が得られます。また、実務経験を積むと「測量士」資格と「一級建築士」受験資格が取得できます。

 

専攻科

本科卒業生がさらに深い専門の知識と技術を学修し、応用展開するために専攻科が設置されています。2年間の課程をを修了すると、大学卒業と同様に学位が授与されます。

詳しくはこちら

 

長期インターンシップ

実践力を通して高い技術や開発設計の方法を学ぶために、
企業や自治体、研究機関で2ヶ月間の実習を行います。

 

学会発表

プロの研究者に混じって自分たちの成果を発表します。
海外の学会に参加する学生も少なくありません。

 

一般科目

専門の基礎と幅広い一般教養を身につけます

技術者には、習得した技術を社会や人々、環境などのためにどのように活かすかを考える能力も要求されます。そのためにはまず専門の基礎となる数学や物理学を基本的なところから理解することと、歴史・国語・芸術・体育などの幅広い分野に渡る教養が必要です。また、本校では、国際的な言語である英語教育にも力を入れており、ネイティブによる少人数授業も実施しています。

詳しくはこちら

 

海外短期留学プログラム

短期留学プログラムのひとつに、香港の学生との交流活動があります。昨年度は8名が熊本高専などの学生と一緒に参加しました。

 

イングリッシュゾーン

平日の昼休みに、ネイティブの先生と一緒に食事をしながら
楽しく英語でおしゃべりができる場を提供しています。