スクールライフ

年間行事スケジュール

高専祭



高専生活における一大イベント高専祭。ファッションショーやライブ、展示、模擬店、打ち上げ花火などの様々な企画が2日間にわたっておこなわれます。

 

クラスマッチ

クラスの団結を深め、学年を横断したコミュニケーションの促進を図るためのスポーツイベントです。5月と10月の年2回開催しています。

 

研修旅行

専門分野に対する教養を深める、就職や進学の進路選択の参考にするなど、キャリア教育の一環として4年次に研修旅行をおこなっています。

 

 

部活動紹介

体育系18団体、文化系16団体が活動しています。なかでも陸上競技部や硬式・ソフトテニス部、ハンドボール部、メカトロシステム部、デザイン研究部などは全国レベルの大会・コンテストで活躍しています。同好会も11団体が活動しており、放課後も意欲的に頑張っています。

 

体育系

■体育系部活動一覧

陸上部、男女バスケ部、バレー部、ソフトテニス部、卓球部、
剣道部、水泳部、硬式野球部、サッカー部、バドミントン部、
ハンドボール部、テニス部、アーチェリー部、柔道部、
スキー・スノーボード同好会、ダンス同好会、
極真空手同好会、Strength&Conditioning Association

 

文化系

■文化系部活動一覧

美術部、音楽部、写真部、吹奏楽部、文芸部、
メカトロシステム部、ニューメディア部、茶道部、
デザイン研究部、英語に親しむ同好会、囲碁同好会、
伝統文化に親しむ同好会、園芸同好会、
A Little Science Club、アマチュア無線同好会、
Swing Sounds Club

 

各種コンテスト

■NHK全国高専ロボコン

NHKの放送でも有名な「高専ロボコン」にメカトロシステム部のメンバーが毎年チャレンジしています。本校は、過去に「ロボコン大賞」や「全国優勝」の栄誉に輝いたことのある強豪校の一つです。

■全国高専プログラミングコンテスト

高専生のプログラミング技術や発想の柔軟性を競うイベントです。課題・自由・競技の3部門があり、本校は全国大会に毎年出場し、数々の賞を受賞しています。

■全国高専デザインコンペティション

全国の高専生が生活環境関係のデザインや設計を競うイベントです。構造・空間などの4分野があり、本校は全国大会に毎年出場し、数々の賞を受賞しています。

 

寮生活「高城寮」

勉強やクラブ活動に有利です!

学校敷地内に学生寮「高城寮」があり、約110名が生活しています。本校学生の7人に1人は寮生となっています。
朝・昼・晩の食事代を含め、毎月かかる経費は約4万4千円です。

詳しくはこちら

 

国際交流

現在、徳山高専においては、海外の教育機関との国際交流を促進するための取り組みに力を入れています。
いまなぜ国際交流が重要なのでしょうか? それは国際感覚の涵養のためです。グローバル化の時代を迎え、地球規模で多面的、多角的な物事の見方や考え方を身につけることが、未来の技術者として、本校の学生たちが世界で活躍するために絶対に必要な能力と考えます。
本校は、平成28年度から3年間「"青い鳥"グローバル教育プログラム」がグローバル高専事業(展開型)に採択され、日本学生支援機構(JASSO)の支援制度を活用した香港IVE(Hong Kong Institute of Vocational Education)、シンガポール・ポリテクニック(Singapore Polytechnic)、正修科技大学(Cheng Shiu University)、ワランゴン大学(University of Woolongong)などの海外の教育機関との学生交流を推進しています。また、学生や教員の海外交流の促進から教育のグローバル化に繋げる為、積極的に海外語学研修や、「トビタテ!留学JAPAN」などのプログラムを活用した海外留学、専攻科生の「長期海外インターンシップ」の推進をはかっています。

グローバル化が進むに伴い、経済、金融、その他様々な分野におけるコミュニケーションツールとして英語を使いこなす力が求められています。しかしながらグローバル化とは、英語力のことだけではありません。それは「多様な文化的背景を持った人々を理解し、コミュニケーションを通じて影響を及ぼす力」です。グローバル化の流れの中で、遅れをとらないよう、様々なプログラムを準備していますので、学生たちの積極的な参加を期待します。