小川仁志
OGAWA Hitoshi

一般科目

准教授

博士(人間文化)

校務:学生主事補、サテライト委員長

クラブ顧問:美術部、英語に親しむ同好会

ogawa◎tokuyama.ac.jp (◎を@に変えてください)

電話:0834-29-6255
Fax :0834-29-6255

Home Page

【研究テーマ】
欧米の政治哲学に関する議論を参照しながら、より望ましいコミュニティのあり方を公共哲学や政治哲学の観点から探求しています。

【キーワード】
共同体・コミュニティ・公共性・リベラリズム

【メッセージ】
私自身哲学者としては異色の経歴の持ち主ですが、だからこそ見えてくる真理もあります。この複雑きわまりない時代をいかに生きていくべきか、皆さんとともに考えていきたいと思います。

【所属学会】
政治思想学会、日本哲学会、社会思想史学会、日本ヘーゲル学会、日本倫理学会、中部哲学会、日本工学教育協会

【公職等】
「哲学カフェ」主催
周南市行政改革審議会委員(副会長)
周南市市民参画審議会委員
周南市公民館運営審議会委員(会長)
周南市人権推進審議会委員(副会長)


授業科目

倫理(2年)
法学(3年)
哲学(4年)
技術者の倫理(専攻科2年)


主な論文、著書、特許等

【著書】
『市役所の小川さん、哲学者になる 転身力』(海竜社、2008年)
『「哲学頭」の仕事術』(海竜社、2009年)
『人生が変わる哲学の教室』(中経出版、2010年)
『ヘーゲルを総理大臣に!』(講談社、2010年)
『世界一わかりやすい哲学の授業』(PHP研究所、2010年)
『はじめての政治哲学―「正しさ」をめぐる23の問い』(講談社現代新書、2010年)
『人生をやり直すための哲学』(PHP新書、2011年)
『悩んだときは哲学者に聞け!』(廣済堂、2011年)
『まんがと図解でわかる正義と哲学のはなし』(宝島社、2011年)
『哲学カフェ!』(祥伝社、2011年)
『日本を再生! ご近所の公共哲学』(技術評論社、2011年)
『すっきりわかる! 超訳「哲学用語」事典』(PHP研究所、2011年)
『駄菓子屋のヒゲおじさんと考える「こども哲学」塾』(PHP研究所、2011年)
『心が軽くなる 哲学の教室』(中経出版、2011年)
『怒りの作法―抗議と対話をめぐる哲学』(大和書房、2012年)
『世の中の見方が変わる哲学』(講談社、2012年)
『日本の問題を哲学で解決する12章』(星海社、2012年)
『愛と性の哲学』(講談社、2012年)


【論文】
地球時代によみがえるヘーゲルの市民社会論 −「ネオコンの論理」を超えて−
 (「暁烏敏賞」入選論文集、2004年) ※第20回暁烏敏賞受賞論文
国家への〈信頼〉の源泉を問う −ヘーゲルの「世論」と「愛国心」の視点から−
 (名古屋市立大学大学院 人間文化研究、2005年)    
公共哲学としてのヘーゲル共同体論
 (名古屋市立大学大学院 人間文化研究、2006年)
ヘーゲル「国家」概念の再発見 −福祉〈多元主義〉への展望−
 (『理想』677号、理想社、2006年)
ヘーゲル国家概念の再定義 −Staatの二義性をめぐる考察− 
 (『中部哲学会年報』第38号、2006年)
ヘーゲルの多元主義国家観 −現代福祉社会の議論によせて−
 (『ヘーゲル哲学研究』第12号、こぶし書房、2006年)
最近の事故事例に見る技術者倫理の諸問題 −「安全と誠実さの倫理」を求めて−
 (徳山高専研究紀要 第31号、2007年)
貧困問題をめぐるコルポラツィオーンの限界と可能性
 (徳山高専研究紀要 第32号、2008年)
哲学者たちの幸福論
 (文藝春秋スペシャル 季刊秋号、2010年)
衝突するアメリカの公共哲学
 (『グローバリゼーション再審』、時潮社、2012年)

【翻訳】
「アメリカから見たドイツ観念論」(E・フェルスター)
 (『ヘーゲル哲学研究』第13号、こぶし書房、2007年)


科研費等研究助成

(財)新技術振興渡辺記念会(H.19/10〜H.20/9)
プリンストン大学ヒューマンバリューセンター客員研究員(H.23/4〜H.24/2)


共同研究

言語教育と倫理教育の新たな融合―共同体における言語と倫理の相関性の考察を通じて―(H.20/4〜H.21/3)


主な経歴

【学歴】
1993年3月 京都大学法学部卒業
2005年3月 名古屋市立大学人間文化研究科博士前期課程修了
2008年3月 名古屋市立大学人間文化研究科博士後期課程修了/博士(人間文化)取得


【職歴】
1993年4月 伊藤忠商事株式会社入社
2001年4月 名古屋市役所入庁
2007年4月 徳山工業高等専門学校准教授



受 賞

第20回暁烏敏賞(2004年)
平成22年度全国高専教育フォーラム・教育教員研究集会理事長賞(2010年)