新着情報

2021年度の学校活動について

2021年3月16日

学生・保護者の皆さんへ

2021年度の学校活動について

徳山工業高等専門学校長
勇 秀憲

 昨年度末から猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は現在も終息しておらず、来年度(2021年度)もCOVID-19と共存しながら学校生活を送っていかなければいけません。
 徳山高専のCOVID-19感染拡大に対応する基本方針は、以下の通りです。
  ① 学生と教職員の健康と生命を守る、すなわち「安全と安心」を最優先事項とする。
  ② ①のもとで、「学びを止めない」準備をし、学生に教育活動を提供する。
  ③ ①のもとで、研究活動を継続する。
 また、本校では「徳山工業高等専門学校におけるNew Normal Standard(新しい行動基準)」を定めています。来年度もこの基準に基づいて、教育を中心とした学校の各種活動方針を決定していきます。
 現在、首都圏の1都3県に緊急事態宣言が継続しており、周南市においても過去3週間に感染者が出ている状況ですが、地域の医療体制にはCOVID-19への対応に十分な余裕があることから,「徳山高専のNew Normal Standard」ではLevel 1と判断しています。そこで、来年度前期の授業は、今年度末と同様に、授業開始時刻を40分遅らせた、全学生登校による対面授業を基本とします。課外活動も、今年度末と同様です。
 ただし、学生と教職員の健康と生命を守る「安全と安心」を最優先事項としていますので、今後の周辺地域の感染状況により、本校行動基準のレベルを引き上げることもあります。2~3週間程度ごとに行動基準レベルを判断し直し、対応していきます。

【授業について】
 全学生登校による対面授業を基本とします。今年度末と同様に、公共交通機関利用の集中を回避するため、来年度前期も授業開始時刻を40分遅らせます。登下校で使用するバスについては、バスへの乗客数などを見ながら、適宜分散して利用してください。
 来年度の学事日程等は、後日、ホームページに「授業時間割」及び「年間行事予定表」を掲載しますので確認してください。
 授業での「3密」を避けるため,学校として授業実施時の工夫、仕切り板の設置や定期的な換気などをはかりますが、学生の皆さんも「マスクの着用」「大声で話さない」「手洗い」など、これまでと同様、基本的な感染防止対策に努めてください。

【授業時間】
  SHR 9:20~9:25
  1・2時限 9:30~11:00
  3・4時限 11:10~12:40
  昼休み 12:40~13:40
  5・6時限 13:40~15:10
  7・8時限 15:20~16:50(7時限は、15:20~16:10)

【課外活動について】
 今年度末と同様に、十分な感染症予防対策を前提とした上で、平日の課外活動による下校時刻を15分遅らせて、下記の要件で行います。
  ① 原則として平日4日間、土日のいずれか1日か祝日(ただし、週あたり休養日を2日以上設定)とします。
  ② 平日の活動時間は1日あたり2時間程度とし、19:00までに下校します。
  ③ 土日・祝日の1日あたりの活動時間は3時間までとします。

Copyright(c) National Institute of Technology, Tokuyama College. All rights reserved.